顔料としても使われている酸化チタン【安全性を徹底解説】

自動で汚れを落とす光触媒

粉末 酸化チタンを光触媒に使った塗料を使った外壁は、汚れや臭いやカビを紫外線を浴びることで自動で除去してくれるので綺麗な状態を保つことができます。酸化チタンは外壁だけでなく、安全な素材であることから他の分野で利用されることが予想されています。

詳しく見る

ニュース一覧

様々な用途で利用

婦人

人体への安全は確認済み

酸化チタンは二酸化チタンを主成分としている顔料で、着色力や隠ぺい力に優れているため他の白色顔料と比べて利用する場面が増加していて、年々需要が増加している物質です。酸化チタンは顔料としてナイロンやアクリルなどの無色透明な化学繊維に混ぜることによって艶を消して白い糸になります。また、酸化チタンの利用用途は様々で塗料や日焼け止めにも配合されています。酸化チタンは紫外線を浴びると分解力と親水化の作用を発揮します。酸化チタンが化学変化を起こすのではなく、周囲の物質の活性をあげる光触媒としての役割を果たします。空気中の水分を引き寄せて、汚れが直接塗装面につかなくなるため汚れが付きにくくなります。また、ガラス面に薄く酸化チタンを塗布すれば水分が薄く乗ることになるので、曇り止め効果も得られます。酸化チタンは紫外線を散乱する力が強いので、日焼け止めに少量添加するだけで高い日焼け止め効果を発揮します。白色顔料としても使われているように白い透明感のある肌に見せられるのと敏感肌でも肌が荒れにくいので日焼け止めだけでなく化粧品にも使われています。ホワイトチョコレートやクリームにも酸化チタンが使われているように人体に安全が確認されている物質な上に化学的に安定していたり、電気的にも優秀な特徴を持っていることから、今後はICカードなどの電子的用途や高い屈折率を生かしてより高精細なテレビ画面に活用しようと研究が進められています。

塗料や化粧品に利用

男女 酸化チタンは外壁用の塗料や化粧品や食品の添加物に使われています。これは汚れが付きにくく、抗菌・抗カビ効果があることと紫外線を反射する効果があるためです。チタンは自然界にたくさん存在しているので安全性は粉塵として呼吸器に入らない限り問題となることはありません。

詳しく見る

安定性の高い白色顔料

粉末

白色顔料として使われている物質には鉛や硫酸バリウム・酸化亜鉛などが挙げられますが、酸化チタンもその1つです。酸化チタンは結晶構造の安定度が高く、工業分野やオフセット印刷などさまざまな場面で使われています。人体への影響が小さく金属アレルギーになりにくい酸化チタンは、化粧品や日焼け止め用途にも最適です。

詳しく見る

いろいろなものに使える

メンズ

酸化チタンは食品添加物として使用されたり、日焼け止めクリームなどの化粧品に配合されていたりします。人体に影響のある原料ではないので、安心して使用しましょう。また、様々な商品を製造している会社にとって欠かせない原料の一つでもあります。

詳しく見る

取り扱い上の注意

女の人

酸化チタンは化粧品や食品添加物にも使われているので、危険性の少ない物質と言えますが、産業界で吸引したり飲み込んだときには注意して下さい。もし吸引した場合には、口や鼻をしっかりうがいをして安静にし、必要に応じて医師の診断を受けるようにしてください。

詳しく見る

Copyright© 2018 顔料としても使われている酸化チタン【安全性を徹底解説】 All Rights Reserved.